HOME

製品情報

USBカード

USB CARD クレジットカードフォーマット USB2.0 【フリーコム・USBカード】厚さわずか2ミリ。クレジットカードフォーマットのUSBフラッシュメモリー。

写真や音楽、仕事の資料など貴重なデータを、屋外で持ち運ぶシーンが増えています。これに対応するために開発したのがUSB CARD。
財布にぴったりと収まるクレジットカードサイズながら、十分なデータ量を確保しています。いつでもどこにでも、安全にデータを持ち運ぶために欠かせないアイテムです。

  • 安心できる2年間の長期メーカー保証
※アイコンにマウスを載せると意味が表示されます。

ギャラリー|クリックで拡大画像をご覧いただけます。

  • USB CARD #1
  • USB CARD #2
  • USB CARD #3
  • USB CARD #4
  • USB CARD 360 View
  • USB CARD 360 View

特徴

  • 一般のクレジットカードサイズと同じ厚さ2mmの超薄型に設計。
  • 他の貴重品と一緒に財布やカードホルダーに入れて持ち運ぶことが可能。
  • 本体と一体化した独自のフレキシブルUSBケーブル。
  • カード面へのロゴマークの印刷やファイルのプレインストールなどカスタマイズでき、プレゼントやブランド構築に最適(詳しくはFREECOMサポートセンターまでお問合せください)。
  • ブラックとホワイトのカラーを用意。
  • 最大8GBを用意。
  • 2007年度「レッドドット・デザイン アワード」にノミネート。
USB CARD

クレジットカードのように財布に入れて持ち運べる。
プライベートでもビジネスでも、移動する際に財布は常に身につけるものです。FREECOMはそこに着眼しUSB CARDという新しいモバイルストレージを開発しました。
その名の通り、世界で最も広く知られた形状であるクレジットカードと同じ、厚さわずか2mmの超薄型。財布にぴったりと収まるうえ、最大容量は8GBです。このUSB CARDを財布に入れておけば、大切なデータの持ち運びを忘れることはないでしょう。
また、すべての電子技術を埋め込んだコンパクトなUSBコネクタが統合されているため、コンピュータへの簡単接続が可能。データはUSBコネクタの電子部分に保管し、万が一、カードが損傷しても安全に保たれます。

由緒あるヨーロッパのアワードにノミネートされた卓越したデザイン。
レッドドット・デザイン アワード

ドイツのノルトライン・ウェストファーレン州にあるデザインセンター Design Zentrum Nordrhein Westfalen主催のデザイン賞で、毎年世界の価値あるプロダクトデザインとコミュニケーションデザインに与えられる「レッドドット・デザイン アワード」の2007年度にノミネートされました。

用途

  • データ保存:仕事の資料、デジタル写真、ビデオ、音楽など幅広いデータが保存可能。
  • ファイル共有:コンピュータとネットワーク間で重要なデータをすべて共有可能。

仕様

製品仕様

容量:[ブラック] 2GB、4GB、8GB [ホワイト] 2GB、4GB、8GB
インターフェース:USB2.0/1.1
データ転送速度:[読み取り速度]最大8MB/秒(USB2.0) [書き込み速度]最大7MB/秒(USB2.0)
データ保持:最大10年
重量:10g
コネクタ:一体型、フラットUSB2.0互換コネクタ
電源:USBポートより電源供給(アダプタ不要)
動作温度:10〜35℃
保管温度:-20〜80℃
サイズ:85.5 mm×54 mm×2mm
システム要件[Windows]:Windows Vista/XP/2000
システム要件[Mac OS]:Mac OS X v10.3以上

同梱物

  • FREECOM USB CARD 本体(ブラックまたはホワイト)

品番

  2GB 4GB 8GB
[PN(型番)]
アジア/AU/NZ
32791 32792 32793
[Eanコード]
アジア/AU/NZ
4021801327918 4021801327925 4021801327932
ブラック ブラック ブラック
販売終了
AU=オーストラリア、NZ=ニュージーランド

  2GB 4GB 8GB
[PN(型番)]
アジア/AU/NZ
32794 32795 32797
[Eanコード]
アジア/AU/NZ
4021801327949 4021801327956 4021801327970
ホワイト ホワイト ホワイト
AU=オーストラリア、NZ=ニュージーランド

おすすめ情報

  • 吉田玲雄インタビュー 「Porter Classic」取締役 「ホノカアボーイ」著者